FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のカマキリさん

2010/12/21 01:56

10日以上前に、父が庭でカマキリさんを見つけました
オオカマキリかな…冬なので動きの鈍いこと!

父は鰹節を持ち出して食べさせようとしてたけど…(-"-;)
結局 庭のレモンの木に逃がしてやったんです。


そして3日前ほど前、なんと同じカマキリが
家の前の駐車場にぽつんといたんです!!

ま…まだ生き延びてたのかっ(;ω;`)
よく見ると少しお腹も大きい…。

寒さか空腹か…もうほとんど動かなくて
素人目にも、これは今日明日中に亡くなりそう…

自由を奪うのは可哀相とはいえ
この寒さじゃ餌も捕れなそうだし
捕る力も食べる力も無さそうなので
せめて暖かいところに…と、枝木と一緒に虫かごに入れて家の中へ…。

暖かくなったら少し動き回ってましたが、
はさまれたり指を喰われる心配もないほど弱々しい

昨夜寝る前に見ると、枝にカマを引っ掛けて もう触角しか動かない…。
卵を生む余力も無く、いよいよ亡くなるのか…と
仕方ないとはいえ寂しい気持ちで床につきました。

今朝起きて見てみたら、カマキリさんは昨夜の場所にいなくて
カゴの中を見回すと…逆さまの変な格好。

まさかとよくよく見たら、
お尻の先に 固まりつつある泡の塊が…

本当に最期の最期に、残り僅かな命の火を全力で燃やして
命のリレーをするんですね。

これが終わったら
ついに彼女は死んでしまうのかな。

先述の出会いで、思う所も多いから
死んでしまったら悲しい…。
レモンの鉢に 埋めてあげようかな。

今思い出した
もしかして 夏頃にレモンの木にいた
若いカマキリは 彼女だったのかもしれない
彼女の旦那さんかもしれないけど(笑)

卵は、すぐに外に出しとこう。
家の中の暖かさで孵られたら適わない
この季節に、命の素晴らしさを見られるとは思いませんでした。

ありがとうカマキリさん。
一生に一度の大仕事を終えたら、ゆっくり休んで欲しいなぁ






Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。